ジュニアチーム(小1〜小3)

ジュニア」ってなあに?

 江戸川ダイヤモンドボーイズは小学生の少年硬式野球チームですが、私たちのチームでは幼稚園から小学校3年生までの選手を「ジュニア」と呼び、専属コーチの下、小学校4年生から6年生までのチームとは別メニューで練習を行っています。活動時間もお兄ちゃんたちより短く、8時〜15時(夏期は16時頃)までです。


 指導者は専属コーチのほかに、パパさん・ママさんコーチもいますので、それぞれの選手のレベルに合わせてメニューを変えて練習をしています。


 特に、幼稚園児は3年生とは体格の差がありますので、慣れるまでは個別にバッティングや守備練習を行ったりします。もちろん練習中のおしっこにも即座に対応しますので、安心です(^o^)v


 練習のモットーは「楽しい野球をしよう!」。
 「野球を嫌いにさせない」、「野球を楽しむ」、「お父さんお母さんも成長を楽しむ」を大切に、憧れのお兄ちゃんチームでのプレイを夢見て、野球の大事な大事な基礎を習得していきます。


ジュニアの練習内容

 4年生以上は硬式ボールを使用していますが、「ジュニア」はTボールというボールを使用しています


 Tボールとは硬式ボールと同じ形でボールに縫い目もあります。大きな違いは硬式ボールのように硬くありません、重くもありません。したがって、野球を始めたばかりの低学年の子どもにボールに対する恐怖心を与えることがありません。また、軟式ボールのように弾みませんのでゴロの捕り方など硬式ボールと同じ扱いで練習ができます。
 もう一つ大きな特徴として、打撃は投げたボールを打つのではなく、ティー台に載せたボールを打ちます。これにより、しっかりと打つポイントをつかみ、しっかりとスイングすることを練習します。野球を楽しみながら正しい体の使い方を覚えるような指導がなされます。
 野球の技術を身につけることはもちろんですが、それだけでなくスポーツをやる上で必要な身体能力を高めるために、ラダーやミニハードル、リングなどの器具を取り入れたトレーニングも取り入れています。

 どの練習も目標を持って取り組むこと、仲間同士で競い合うことで子供たちのやる気を刺激し、楽しみながら心身を成長させていきます。


 ボーイズリーグのチームはこのように低学年から野球に親しむチームが他にもあります。小学校低学年とはいえ、練習ばかりではなく年に2回関東地区でTボール大会があり、その他にも地域での大会があります。また、夏〜秋にかけてはペナントレース風のリーグ戦が行われ、多くの試合を行うことで野球のルールに慣れると共に技術的な部分も身につけていきます。


 ジュニアの選手たちも試合で揉まれることで逞しく成長し、4年生からの硬式野球に向けて鍛えられていくのです。

 また、日頃は、4年生以上の練習試合で他チームと練習試合などを組むときに、ジュニアチーム同士で練習試合を行うこともあります。特に、いつも練習している江戸川グランドではジュニア専用の練習グランドもあり、お兄ちゃんたちが練習試合をしている隣のグランドで、ジュニアも練習試合をしているという光景がよく見られます。


ジュニアの指導者に聞く

ジュニアのコーチ達にいろいろとお話を伺ってきました。

Q1.  子どもが野球を始めたいというのですが、ちゃんとボールを投げたり打ったりできるようになってから、入部したほうがよいでしょうか。入部テストはありますか。


A1. ジュニアに入部する子供のほとんどは、初めから投げたり打ったりがちゃんと出来るわけではありません。特に小さい子は初めて野球をやる子がほとんどです。

毎週の練習で少しずつ上手くなっていく姿を一人ひとり確認するのが楽しみです。入部テストですが、グランドに来て頂ければ合格です!

Q2.  将来、甲子園やプロを目指すなら、早いうちから硬式野球をやったほうが有利でしょうか。

A2.  確かに早いうちに硬式野球(硬式ボール)に慣れていた方が良いと思いますが、今は、その時期では有りません。楽しくてすごく面白い「野球」というスポーツを覚えてからでぜんぜん間に合います。

Q3.  小さい頃から硬式ボールを使っていると、肩や肘をいためることはないか心配ですが・・・。

A3.  ジュニアチームでは、基本的には硬式ボールは使わず、Tボールと言うボールを使って練習をしています。肩や肘を痛めるのは、投げ方もありますが、無理な遠投や投げ込みによる疲労がたまり起こる症状です。

ジュニアでの練習では投げ込み等はさせず、走る投げる打つをバランスよく行っています。さらに柔軟性、敏捷性、バランス感覚が高まる運動を取り入れて「運動が上手にできる身体づくり」をしていますのでご安心ください。

Q4.  硬式野球は厳しいイメージがあり、怒鳴られてばかりで子どもがついていけるか不安です。


A4.  硬式野球に限らずスポーツとは危険がともなう為、厳しい、怒鳴られるイメージが有ると思います。

ジュニアのコーチ陣はあまり怒りませんが、危険な時、その子の為にならない時、他の子に迷惑をかける行為には、「なぜやってはいけないのか?」などの理由を本人がきちんと理解できるよう説明しながら親身になって怒ります。

そうした場面だけでなく、子供に指導する際は常に大人の上から目線ではなく子供と同じ目線で伝えることを心がけています。

Q5.  野球少年、少女を持つ親にアドバイスをいただけますでしょうか。

A5.  子供達は、子供達なりに頑張っています。ですから、「何でもっと」、「どうして出来ない」と思う気持ちをなるべくおさえて、今日の良かった事、悪かった事を子供の言葉で聞いて上げて下さい。子供達は毎日成長していますから。

長い野球人生の中で見れば、小学校低学年はまだまだ始まりですから、結果を求めるよりも頑張っている姿を見守ってあげて下さい。親に見てもらえていると感じると子供たちはもっと頑張ってどんどん成長します。

Q6.  低学年のうちに特に気をつけるべきことはありますでしょうか。

A6.  指導者が子供達に会えるのは、土日曜日、祝日でのグランドと雨の日の室内トレーニングです。平日の体調管理は当然でしょうけど季節の変わり目、急な温度変化、大人でも体調を崩す時があります。子供達の体はもっと敏感です。ちょっとした体調の変化や、激しい運動の後の体のケアーなどを習慣付けて下さい。

チームとしても、練習前のランニング・準備運動、練習後のストレッチを指導しています。

Q7.  4年生以上のチームに行く前に、これだけは身につけさせたいというものはありますか。

A7.  人に対する思いやり、優しさ、ここ一番の集中力、と色々有りますが、「野球」というスポーツを好きになってくれれば良いと思います。
  


番外編

 毎日の練習の前後にはグラウンドと父兄の皆さんに挨拶です。まっすぐ並ぶのも一苦労ですが・・・。

 みんな大好きお弁当タイム☆
 この日はお母さん達が豚汁の炊き出しをしてくれました♪
 たくさん食べて早く大きくなれよ〜!
 お弁当が終わると親子でキャッチボール!
 みんな野球が大好きなので、お昼休みも元気いっぱい野球してます♪
 年末や卒団の前には、恒例の親子対決試合が行われます。
 「子供にはまだまだ負けないわ!」とお母さん達も気合が入ってます♪

 試合はお母さんチームが勝利しましたが、翌日には筋肉痛に苦しめられ、子供たちが普段どれだけ練習を頑張っているかを身を以て体験することになりました(^^;)

 こちらは合宿の夜の風景です。
 みんな昼間がんばったので、ところ構わず爆睡中(笑)
 チームメイトと一夜を共にすることで、チームの絆も深まります!
 こちらはホントに番外編。みんなでアスレチックに行きました♪
 野球の練習以外でも、楽しみながら運動能力が鍛えられます!
 お昼はみんなでバーベキューをして、楽しい思い出ができました〜
TOP
D's News!
Facebook
プロフィール
選手名鑑
監督・コーチ
練習風景
スコアボード
ジュニアチーム
入団案内・地図
お問い合せ
会員専用
スタッフ専用
日本少年野球連盟
ボーイズリーグ

中学部
Copyright(C) 2006-2017 Edogawa Diamond Boys All rights reserved.